この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(帰宅編)

その他

なんも出来ねー!
すみません
年間で一番忙しい時期に差し掛かってきまして
ブログどころじゃない

やっと時間ができたので続きを書きます

起きて
食べて
すぐ出発
オペラ座前の空港行きロワシーバスで空港まで
DSCF1637.jpg

またしても霧パリは深い霧
DSCF1638.jpg 

9時シャルルドゴール空港ターミナル2へ到着
DSCF1644.jpg
自分の乗るオランダ航空のカウンターまで
歩く
歩く
ひたすら歩く
20分くらい歩き続けたのではないでしょうか

ここめちゃくちゃ広いです
ターミナルは必ず自分の降りるところを下調べをしてください
余裕を持ってたから良かったものの時間がなければかなり焦ると思います
そして発券機へ
機械では発券できず有人のカウンターへ
どうも乗り継ぎ便の席が確定していなかったからのようです
DSCF1640.jpg

そして11時50分発オランダアムステルダム行きに搭乗
最近年のせいかトイレが近いからよしもう寝よう
目が覚めて約1時間経ちましたが全く動いていない様子???
アムステルダム空港がこちらより酷い霧で飛んでも降りられないとのこと
70分遅れの13時フランス出発
やばい70分も遅れたら次の乗継便が出発してしまう
DSCF1656.jpg 

14時半アムステルダム空港到着
案の定
走りました
ただひたすら走りました
それでも写真だけは撮りました
本来ならここで1時間ほどお茶して
ミッフィーの可愛いお店で子供のお土産を買って・・・
全面オレンジ色のミッフィーの専門店みたいなのがある・・・
あーーーすべて横目にただひたすら走るショック最後の予定が・・・
DSCF1660.jpg 

あれが関空行き
同一の航空会社なので待っててくれていました
何とか間に合い急いで乗りましたが・・・
乗ってから出発まで1時間・・・他の客待ち
これならお茶してミッフィー見て買い物してゆっくりすればよかった
結局15時35分アムステルダム発も70分遅れで出発
DSCF1661.jpg 
フランス人よりオランダ人の方が大きい
だからエールフランスよりオランダ航空の方が座席が
かなりゆったりしていました
機会があれば次からオランダ航空にしよう
翌日の朝10時に無事に関空到着
疲れたーいろいろありましたが結果オーライ楽しかった

一口メモ
●パリ人は大阪人よりせっかち信号を待てない
●パリ人は道路事情のむちゃくちゃな大阪人よりはるかに運転がうまい
●パリ人の男性の方が大阪人よりピリピリしている気がする
●フランス人は日本人が思う以上にイギリス(英語圏)が嫌い
同じラテン語にルーツを持つフランス語が英語に負ける屈辱は
100年戦争の屈辱と同様と思われる
●空港で買い物をするとレジでユニセフのようなところへ
恵まれない子供たちへの募金を強要された(2ユーロ)今思うと怪しい



スポンサーサイト

この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その8)

その他

明日の朝の飛行機で帰りますので実質今日が最後の日
パリの主要な駅Gare Saint-Lazare(ガールサンラザール)前の
三ツ星ホテルTimhotel Opera Madeleineに
●ボルドーから移動後の1泊
●モンサンミッシェルから戻った後の1泊
●そして今日1日パリ観光をした後に1泊
の計3泊します
すぐ近くにオペラ座がありますが10:00~17:00
時間が勿体無いので先9時にルーブル美術館へオープン前に
すでに行列それでも平日だったので恐らく空いていたほうでしょう
2017021701.jpg 

有名どころは可能な限り見て回って3時間いましたが3分の1はあきらめました
2017021702.jpg 

どうもわたくし象形文字とかミイラとか古代エジプトに惹かれるところがあり
若いころに買った象形文字が書かれた指輪がお気に入りだったり
大英博物館でもツタンカーメンのマスクやマトリョーシカみたいなお棺をへばりついて見ていたり
今回も妙にこのあたりに惹かれました
余談:ツタンカーメンのマスクを私は大英博物館で見ましたが
今はエジプトの要請で返却されてエジプト博物館にあるそうです
(対馬の仏像を思い出しますが韓国のように盗んだりはしません)
2017021703.jpg 

建物から天井から展示物からもうこの辺になると全部同じに見えてきて飽きてきます
2017021704.jpg 

ということで12時にルーブルを出てカフェで昼食
ちなみに普通のパスタとビールで2000円くらいだったかな
その後14時にオペラ座へ
2017021705.jpg 

劇場を出た正面どこへ行ってもどこを見ても贅沢の極み
植民地を多く持つフランスですのでどれほどの人が苦しんできたのだろうかと思うとため息が出ます
2017021706.jpg 

少しデパ地下巡りをしてから
もうここからは一応パリへ行ってきましたと言えるようなテレビに出てくる定番巡り
15時にモンマルトルの丘へ天気はいいのに空気が汚いのか真っ白ここは意外に人が多かった
2017021708.jpg

サクレクール寺院
教会の中は本当にどこに入っても同じ風景でしたので時間がないから中に入らず通過するだけ
2017021707.jpg 

そしてテルトル広場
平日でも多くの画家と多くのお客さんがいてカフェがあってうまそうにビールを飲む人がいて
結局我慢できなくなって広場沿いのカフェでまたビールを一杯
2017021709.jpg 

この日は朝からバス・メトロ1日乗り放題の切符を買いましたので
丘を下るケーブルカーに乗りメトロに乗り替え17時にエッフェル塔
塔にも昇りたかったのですがものすごい行列でしたので諦めました
2017021710.jpg 

エッフェル塔を半周してから歩いてセーヌ川を渡りました
んーここは何やろー大阪城公園みたいな感じ?んーんー
2017021711.jpg 

そこからかなり歩いて歩き疲れてまたメトロそして凱旋門もう18時
2017021712.jpg 

凱旋門の正面から続くシャンゼリゼ通りへ18時半
御堂筋の2倍くらいの道幅ありがちなお店が並びまあ都会はこんなもんどこへ行っても同じ景色
2017021713.jpg 

この辺りから足が限界歩けなくなってまたメトロ
この駅だけなぜか英語と日本語とロシア語表記
理由はわからず終いですが気になったので1枚
2017021714.jpg 

19時半ホテルへ戻り隣のレストランで最後の晩餐
最後だけは奮発もうあたってもいいやと思ってまたまた牡蠣
産地の違う2種類を注文しましたが本当に味が違いました
2017021715.jpg 

ワインやビールをいっぱい飲み出来上がったところで最後にもう一度観光へ

写真は比較的綺麗なメトロの駅
不思議なことに綺麗な駅とお金をかけていない駅がはっきりとわかれ
ひどいところは地層むき出しで何の舗装もしていないところもありました
2017021716.jpg 

最後にもう一度夜のエッフェル塔へ23時のシャンパンフラッシュ!
2017021717.jpg 
もう本当に歩けなくてタクシーでホテルへ戻り25時就寝

一口メモ
●パリの空気は汚い 鼻の中が真っ黒になった
●ルーブル美術館では中国人のおばはんに丸めた紙で押しのけられる
要は「写真に写るからどけ!」と やはりどこへ行っても中国人はキ〇ガイです



この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その7)

その他

モンサンミッシェル2日目
この日は
いや
この日も
霧ものすごい霧
朝食の8時半ごろ
ホテルの前からモンサンミッシェルどころか車も見えないくらい
2017021601.jpg 

でも今日は飛びます

12時ごろ
モンサンミッシェルの裏側の対岸へ車で50分ほどのところへ
この先が滑走路・・・と言ってもただの草原
2017021602.jpg 

そばにはハンガー(格納庫)があります
2017021603.jpg

中を見てびっくり!ジャイロコプターがありましたわたくし初めて見ました
興奮し過ぎて突然パイロットへ今まで発したことがないくらいの流暢な英語でしゃべってました
いわゆるカリオストロの城で伯爵が乗ってるやつです
何に驚いたかってこんな物が本当に飛ぶんだ?ということにです
2017021604.jpg

そして乗るのはこれ
カテゴリーとしては恐らくウルトラライトプレーンになるのかな?
2017021605.jpg

いっちょ前にコクピットにはヘリ(R22)並みの計器がありました
今日はこれでモンサンミッシェルを上空から眺める予定でしたが・・・
悪天候のためフライト見合わせ霧が晴れるまで周辺の田舎町をドライブ
2017021606.jpg

曲がりなりにもヘリのペーパーパイロットですがこれに乗るのは勇気が要りました
信頼性という意味では死を覚悟する必要があります
14時半霧がましになったころを見計らって飛びましたが上空の視認はやはり
2017021607.jpg

仕方なく雲の上へ・・・
上空でよく見えるのが円形の虹その中に自機の影が入っているのがわかりますか?
2017021608.jpg

右翼端に付けられたカメラの画像です
本来ならこの先にモンサンミッシェルが見えるはずだったのですがまったくもって無理
2017021609.jpg

当然上に上がっても無理
2017021610.jpg

残念ながら周辺の馬を眺めてタイムオーバー
16時45分のバスにギリギリ間に合うようにホテルへ戻りそしてパリへ
下の写真はパリへ向かう途中の高速からIKEAが見えましたのでパチリ
2017021611.jpg

途中フランスのサービスエリアでトイレ休憩
2017021612.jpg

そこで見た面白い物がこれ
選ぶ時間を短縮させるためか飲み物・食べ物・おやつをはじめからランダムにセットしてありました
2017021613.jpg

そして21時やっとエッフェル塔
夜になると毎時きっかりにエッフェル塔がギラギラに光るシャンパンフラッシュと言うそうです
たまたま運良くバスからこれを見ることができました
2017021614.jpg

そして出発地点のオペラ座裏に着き21時半にホテルへ
22時立ち飲みのバーで一杯ひっかけてホテル近くのジャンクフードを夕食に眠れたのは25時
2017021615.jpg

ここのハンバーガー屋さんが合理的でした
まずカウンターの反対側のモニター付きの機械にクレジットカードを入れ
商品を選び精算を済ましレシートが出てきて振り向いた時には商品が出来上がっていて
レシートの番号が呼ばれ商品を受け取りはいさいなら
あっという間
出口にはでっかい黒人の怖そうなガードマンが立っていました

一口メモ
●高速道路のサービスエリアは入ると最初にガソリンスタンドを通る
●どこへ行っても小便器の位置が全て高い
●子供は大便器でするしかないだから座ってするようになるのかも
●ナポレオンはもしこの現代を見越して行動していたのであれば
本当にすばらしい賞賛されるべき人物であるとあらためて実感した



この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その6)

その他

今日の行先はモンサンミッシェル
朝も暗いうちから朝食もとらずにホテルから歩いて行けるオペラ座の裏に集合
オペラ座の正面の写真は検索すればいくらでも出てきますが下の写真は裏側
パッとしないでしょ・・・最初に見たのがこの方向で何だこれ?と思いました
そしてベンツのバスに乗り7時半出発
約5時間半かけて途中ノルマンディーで休憩しモンサンミッシェルへ
2017021501.jpg 

高速の料金所です日本と一緒かな
有人ゲートとETCゲートと無人のクレジットカードのゲートがあるそうです
2017021502.jpg 

3時間ほど走るとちょうど中間地点にある田舎町のノルマンディーで休憩
時間は10時半
そうですノルマンディー上陸作戦のノルマンディーです
今はすばらしい景色が広がっていましたがポンレヴェック(レヴェック橋)村のこの川を境に
2017021503.jpg 

川の左側は戦争で攻撃をまぬがれ昔の建物がそのまま残っている町
2017021504.jpg 

右側はすべてイギリス軍にことごとく何もなくなるまで破壊しつくされ再建された町
2017021505.jpg 

バスツアーに組み込まれたただの休憩地として立ち寄ったところですが
私にとっては予定外のうれしい誤算こんな歴史的に重要な場所に来れるとは思っていませんでした

そしてまた2時間ほど走ると見えてきました正に要塞ここからまだ30分ほど
この辺りからは住みたくなるくらい綺麗な村?が続いていました
2017021506.jpg 

13時モンサンミッシェル対岸に到着
レストランで昼食もちろんオムレツとシードルを頼みました
荷物を預けるために先にホテルでチェックイン
さすがは四つ星ここが一番綺麗で広くて食事も豪華でした
2017021507.jpg 

部屋からモンサンミッシェルを見ることは出来ませんでしたが
それでもホテルは文句なし大満足
2017021508.jpg 

ホテルからは無料のシャトルバスが15分おきくらいに随時運行
シーズンオフで人も少なく天気も最高15時いざ念願のモンサンミッシェルへ
2017021509.jpg 

写真を小さくし過ぎましたがわかります?
両サイドライフルを持っていますテロの厳戒態勢がまだ続いています
2017021510.jpg 

入るとすぐにカフェやお土産屋さんが立ち並んでいます有名なオムレツ屋さんもありました
2017021514.jpg 

町から見上げた教会
2017021515.jpg 

中は簡単に言いますとハリーポッターとラピュタを足したような世界
最近人骨が見つかったそうで入れない区域もあり町中も教会も残念ですが一部工事中でした

掘り出した資材はヘリで運搬するそうです
2017021511.jpg 

上から見るとこんな感じ
2017021516.jpg 

カフェで休憩してからモンサンミッシェルを後にしました
見ての通り冬の平日人がいません夏はバスに乗れないほどの人でいっぱい
帰りはバスに乗らずにホテルまで歩きました
2017021517.jpg 

またまたスーパーで夕食と
ジュースより安いシードル(炭酸のリンゴのお酒)を買って
ホテルで食べてお風呂に入って出来上がったところで再度夜のモンサンミッシェルへ
2017021512.jpg 

モンサンミッシェルは
24時までライトアップされ
25時まで無料バスが運行されています
本当に無人の世界遺産に入ることができます
ほとんどの人が日帰りで帰る中これは宿泊者の特権
2017021513.jpg 
ちょうど帰る途中にライトが順に消えていきました

一口メモ
●振り替えってホテルの質も人の対応も治安も全てにおいてパリが最悪
●残りの日程でパリへの印象が変わることを祈る



この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その5)

その他

レンタカーの返却が朝10時
7時半には朝食を終え8時半にはサンテミリオンのホテルを後にしました
2017021401.jpg 

9時半にはボルドーのレンタカーショップへ戻れましたが
ガソリンは当然満タン返しガソリンを入れに行くと10時を超えるが時間はOK?
と先に店員にお墨付きをもらってから場所を聞いてガスステーションへ
セルフで入れ方がわからず地元の人に聞いて無事クレジットカードで精算
車を返してガールサンジェンの駅に戻り次の予定まで時間があるため
写真を撮ったり買い物したり係員にチケットや検札のことを確認したり

写真はバスとトラムの切符の販売機
1回きりや1日・3日・5日間乗り放題など日本より合理的でわかりやすい
2017021402.jpg 

右下のつまみを回して選択し丸ボタンで決定おもしろいデザインです
2017021403.jpg 

今日のメインはこれTGVに乗りパリまで3時間半
2017021404.jpg 

12時15分発ですが
フランスの電車は予定より早く出ることもあるとの情報があったので
昼食と飲み物を買い込みかなり余裕を持って乗り12時18分無事に出発
2017021405.jpg 

車内はカラフルただし新幹線のように背もたれの向きを変えることができません
3時間半も後ろ向きで走り続けるなんてありえない耐えかねて空いた4人掛けの席へ移動
とりあえず窓は汚い外はあまり見えないアナウンスなし電工掲示なし結局検札もなし
座席にはテーブルとUSBの口はありました
景色は最初から最後までひたすら北海道のような牧草地帯と畑たまに集落
2017021406.jpg 

15時33分パリのモンパルナス駅到着
奥に見えるのはエッフェル塔まず行きたかったのはカタコンブ
2017021413.jpg 

そこからタクシーでカタコンブまで運転手は道を知らずスマホ頼みでした
本当か嘘かわかりませんがメーターは5ユーロ代だったのに市内は一律7ユーロと言われ
16時カタコンブに到着
入場には人数制限があるためものすごい行列結局2時間並んで18時にカタコンブに入りました
ひたすららせん階段を下り(5階分くらいはあったのではないだろうか)
下のような通路をひたすら進みます(全長は地下鉄2駅分くらいはあったのではないだろうか)
2017021407.jpg 

そして出てきました
カタコンブが何かはお調べください
2017021408.jpg 

すべて人骨です
2017021409.jpg 

ドクロでハートマークを描くこの感覚はふざけてるのか真剣なのかわかりません
2017021410.jpg 

19時にはカタコンブを出ました
入る時はテロリストと疑われ私だけ荷物をチェック
出る時は遺骨泥棒と疑われこれまた私だけ荷物のチェック

入口は高台で相当下りましたが出口は下りきった坂の下のようで少し上がればすぐに外へ
入口から二駅分くらい離れた所まで来たようですでに外は暗く初めての地で自分の居場所もわからず
かなり焦り道を聞く時も後で思い出すと”遭難しました!”ぐらいの事を言ってました

何かの事務所が開いていたので仕事中のお姉さんに親切にメトロ(地下鉄)の駅を教えてもらい
メトロで今晩泊まるホテルがあるガール(駅)サンラザールへ行きホテルに着いたのは20時15分

ここもパリでは主要な駅で写真は向こうの国鉄
ホテルをチェックインしてから周辺をお散歩
改札はありませんので出入りは自由
2017021411.jpg 

これまた中がすごい地下鉄とは対照的で近未来の乗り物
2017021412.jpg 

これまでかなり歩き回って疲れ切って
22時スーパーで買ったまったくおいしくないサンドイッチとサラダを夕食に
23時30分就寝

 一口メモ
●ボルドーではアジア人が少ない
●TGVは以外に揺れが少ない窓が汚い座席が回らない
●フランスには本当に山がない
●北海道のような牧草地帯と畑が続き所々に集落が現れる
●パリの地下鉄は20年前のロンドンよりはるかに汚い
●駅によって綺麗な駅と汚い駅にお金のかけ方にかなり差がある
●地下鉄の扉は自分で開ける
●まだ電車が止まらないうちから扉が開く
●運転が荒すぎる急停車急発進客への配慮など全くない
●ガールサンラザール駅周辺は治安がかなり悪い
●酔っぱらいやものごいがいっぱい
●スーパーやハンバーガーショップにはボディーガードがいる
●ヒルトンホテルの横をホームレスが占領してしょんべん臭い
●パリにも英語表記はほとんどない


この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その4)

その他

今日は朝からレンタカーを借りて遠出をします
行先は世界遺産のサンテミリオンその中のホテルで1泊

朝9時にはボルドーのホテルをチェックアウトし
あらかじめRentalcars.comで予約しておいた車を借りに
10時からの予約で10時には乗れるように早めにレンタカーショップへ
契約を済ませ車のダメージチェックを店員さんとして
初めての左ハンドル右側通行でいきなり出発いざフランスの地をドライブ
ちなみに車はチンクX日本でも右ハンドルは試乗したことがあります

初日から曇り続きこの日も雨は降らないもののどんより曇り空
2017021301.jpg

高速だけで目的地に着いても面白くないのでわざとナビを無視して田舎道を走りました
見渡す限りブドウ畑やはりひたすら山のない平地が続きます
2017021302.jpg

田舎道を走り続けると途中に集落があり教会と地味なパン屋さんが
突然現れてちょうどお昼時でしたのでここで昼食をとることに
2017021303.jpg

中ではメガネの可愛いお姉さんが一人で切り盛り
すべてが美味しそうで一つ選ばなければならないくやしさが・・・
2017021304.jpg

そしてたっぷりのチーズが入ったパンこれがまためちゃくちゃうまいんです
田舎にポツンとある1軒のパン屋さんですが引っ切り無しにお客さんが
車でやって来ては今食べる物だけを買って一瞬で去っていくという感じでした
2017021305.jpg

そしてボルドーの中心部から40㎞ほど走って目的地のサンテミリオンに到着
今日のホテルはオウ ロジ デ ロンパルbooking.comで予約を取った三ツ星ホテル
ここもまた入り口は地味とりあえずチャックインを済ませホテル内と町を散歩
2017021307.jpg

ホテルの正面は地味でしたが裏がすごい
プールがありブドウ畑が見渡せ駐車場がありVIP向けの離れと個室がある
2017021309.jpg

そして世界遺産のサンテミリオンの町を終日調査と観光
2017021310.jpg

教会の中庭?
必ずと言っていいほどフランスの集落にはどこも教会がありどれも立派で
それが当たり前になり作りもだいたい同じなので逆に見飽きてしまうくらいでした
2017021311.jpg

ワイナリーで試飲したかったのですが運転するかもしれなかったのでそれは我慢
問題は夕食
シーズンオフのため17時半にはほぼすべてのレストランの食事のオーダーが終了
夕食難民となり仕方なく車で町を離れスーパーを探すことに
比較的近くにお店がありましたがもしレンタカーがなかったらどうしようもありませんでした

これは朝5時代新聞配達のおっちゃんが歩いていたり
暗いうちからお仕事の車も結構はしっていました
2017021313.jpg

鐘がなり響く800年ぐらい前から変わらない景色
当時の人と同じ景色を見ていると思うと非常に感慨深かった
2017021314.jpg

寝られなくて朝からホテル周辺を散策
2017021315.jpg

どこを見ても絵になります
2017021316.jpg

一口メモ
●ラウンドアバウトは非常に合理的で日本も積極的に導入すべきだ
●車をわざとぶつけて駐車列から出すような場面は1度も見ていない
●フランス人の運転は日本人よりはるかに上手いことに驚いた
●日本車はほとんどない
●大半がヨーロッパ車とフォード
●液晶テレビとスマホはサムスン製が幅をきかしている
●サンテミリオン周辺(田舎町)の人は露骨によそ者嫌いを態度に出す典型的な田舎者
●ホテルのハンガーは盗まれないようになっている
●ホテルのお風呂のお湯の温度と量が安定しない
●教会と鐘はだいたいセット日本でも寺と鐘がセット人間考えることは同じなのでしょう


この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その3)

その他


今回の旅のメインの目的はこの街にあります
この日は1日ボルドーで調査と称して観光です
朝からガールサンジェーンを見学
駅に改札もなく出入り自由電車はめちゃくちゃ汚いそして駅は工事中
020170212.jpg 

トラムに乗ってQuinconces駅へ
120170212.jpg 

そこには広場がありいきなり立派な像やモニュメント
220170212.jpg 

そしてたまたま車のイベントがありクラシックカー好きが集まっていました
320170212.jpg 

さらっとイベントを横目にサンタンドレ教会へ
壁に強度がないため外の柱で支える典型的なゴシック建築
720170212.jpg 

その横ではパンや野菜の露店がありました
ちなみに朝だけで昼からは店じまいされてました
420170212.jpg 

教会は時間外で閉まっていたので前のレストランで
昼食に生牡蠣をあたらないように祈りながら
これは本当に臭みもなく日本よりおいしかったですね
620170212.jpg 

レストランの水の入れ物には目の前の教会の絵が描かれてありました
520170212.jpg

サンミッシェル寺院・ブレス広場等主要な観光地をめぐり
町中を歩き回って駅前の真っ赤なド派手なレストランで夕食
920170212.jpg 
お店自体があまり無いせいか繁盛はしているようでした
約15ユーロでダックのグラタンと書いてあったようですが
想像したものとは違うものが出てきて味は特筆すべきことは何もなく
たっぷりのサラダでお腹を満たし残ったパンが戻されているのが見えました

これはホテルの廊下です部屋は広くはないですがきれいでかわいかった
820170212.jpg 


一口メモ
●日曜日のためほとんどの店が閉まっている
●駅ではゲイ(男同士)が堂々とチュッチュしている
●シーズンオフでどこへ行ってもすいている
●規制により古い建物が当時のまま守り続けられている
●悪く言えばフランス人の建築業界における新しい物を
生み出す思考・発想・技術が停止しているようにも見える
●花粉がないから目の調子がいいこっちへ来て花粉症がなおりました



この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その2)

その他

朝からバスで関空へ
関空で前もって予約しておいた
海外レンタルWiFiてのを借り
そしてパリ行きのエールフランス直行便の飛行機へ
DSC_7994.jpg 
写真:関空

約12時間半かけてパリへ
パリは16:30頃到着 雨ではなく霧
DSC_7997.jpg
写真:シャルル・ド・ゴール空港

パリからすぐにボルドー行きの飛行機へ乗継
ボルドーに着いたのは20時前初めての町で真っ暗
ボルドーから写真を撮る間もなく
空港からホテルのある駅ガールサンジェーンへは
2台連結したバスで向かう
この駅はTGVが発着するボルドーで一番主要な駅
DSC_8006.jpg
写真:駅Gare Saint Jean

駅前を走る路面電車
バスの写真は撮れなかった
DSC_8004.jpg 
写真:トラム(路面電車)

そしてこれが今晩泊まるホテル一応三つ星21時半着
DSCF1174.jpg 
写真:Hotel ibis Styles Bordeaux Gare Saint Jean

この日の夕食は疲れて近くでケバブを買って
ホテルの部屋で食べて就寝

後で旅を振り返ると
どこに行ってもアラブ系移民?の人が営む
ケバブ屋さんがありました
また空港も含め英語表記はほとんどありません
むしろ中国語の方が多かったと思えるくらい
そして
夜10時気温0度でもみんなカフェの外で
飲み食いして騒いでました



この記事のみを表示するちょっとおフランスへ(その1)

その他

定年退職後
飢え死にをしないように副業を始めます
勇気ある決断が要りましたが
本気で腹をくくります
もう後戻りをするつもりはありません

今の職場では副業は認められていません
だから何をするにも名義は嫁の名前で
もちろん嫁の協力無しには成り立ちません
そして本業に手を抜くつもりもありませんので
人の倍働きます

今の仕事プラス出勤前と退勤後
実験的に始めて軌道に乗れば本業にする
これまで修行と思い3年間続けてきたことをベースに
次のステップへ進みます

自分の生活を犠牲にしてきた介護が
一段落ついたところで
自主海外研修と称してちょっと
おフランスへ行ってました

2月11日(土)~19日(日)
新婚旅行も行けず
父が亡くなった時も2日しか
休めなかった私ですが
初めての有休連休+代休で上司を説得し
時期外れ長期連休を取りました
恐らくこの組織では私が初めてでしょう

組織に迷惑をかけないよう
抜かり無く万全の準備をして行きましたが
当然この組織では
こんなことをする人間に出世の道はありません

時間は与えらるものでなく自分で作るもの
この組織の誰よりも時間を無駄にせず
人生を駆け抜けます



この記事のみを表示するドナドナ・・・母を特養へ

高齢出産


今日母を
特別養護老人ホームへ預けました
難病発症から4年ぐらい
約1年の介護の末

私が生まれ育った家で
最後の一夜を母と過ごし
もう主が戻ることのない家から
母を見送りました

母を施設へ預けるという罪悪感と
この家の44年間の思い出を振り返り
決して孝行者ではなかった自分のことを
父と母へ何度も何度も懺悔しました

母には今からどこへ行くか
自分の身に何がおきるのか
伝えていません
伝えても数秒後には忘れてしまいますし
それ以前に伝えることができませんでした

もう一人で立つことも歩くこともできません
施設に入れば座りっぱなしで
もう助けを借りても歩けなくなる日が
すぐにくるでしょう

主のいなくなった家の寂しさがこれほどまでとは
言葉では言い表せないほど耐えがたい辛さです

幼い頃からの自分の軌跡
亡くなった父の元気な頃の残像
怒られて閉め出されたり
悪さをして母を泣かせた記憶
それらすべてが昨日のことのように
思い出されて

ここには未来がない
過去だけの世界
それが耐えられません



この記事のみを表示する女性が知らない無水小便器

これからの日本


無水小便器なるものが存在することを
大半の女性が知りません
現にうちの嫁さんも知りませんでした

水を流す必要がない便器
これを大便器で作ることは不可能でしょうから
メーカー勤務の方か清掃のお仕事をされてる方
以外の女性で
これを知っていれば何故知っているの?と
不審に思われかねないのでここでお話いたします

流していても
くさい小便器がたくさんある中で
流さなくても匂いがしないんです
確かに匂いがありませんでした

流す必要がなければ上水要らずで
排水の機能さえあればいい
工事も楽で画期的
水を汚さないCO2を排出しない
節水できるお財布に優しいと
いい事尽くめ

女性は2度流すくらいなのに
男性は1度も流さない時代に
なってきました

女性用の無水で小専用便器も作れば
流す必要もなくなるし回転も速くなり
トイレ待ちの行列も緩和されるし
何より相当量の水が節約できそう

音姫?は男性トイレでもたまに見かけますが
男だって大の音は
聞かれたくありませんし
聞きたくもありません
男ならじゃんじゃん聞かせてやれ!
何を恥ずかしがっとんねん!とはなりません
これも男女差別のひとつです

男女共に無水小便器と音姫をセットで付ければ
環境面でも経済面でも
相当量の節水ができることになるでしょう
これはぜひ世界に広めたい


この記事のみを表示する小中義務教育と女性義務就労

今より輝こうとする子供たちのために


小中学校の義務教育のように
女性の就労はもはや義務のようですね

こんな言い方をするとまた
お叱りを受けるのかもしれませんが
女性は例外無く働きたくて仕様が無い
と思いこませて何になるのでしょう?

税収を上げるため
労働力の確保のため
数千年の人類の営みを否定した
1億総労働社会実現に向けての洗脳
それとも70億総労働世界?

本当に税収確保・労働力確保
心豊かな国作りを考えるなら
長期的に見れば
“どんなに非難されようと”土下座してでも
女性に子供を産んでくださいというしかないんですが

取りあえず産んでください
望み通り産後もすぐに働いてもらうため
後は税金で育てますから
心おきなく働いて納税して下さい
誰が望んだ未来なのか?
誰も望まない未来への誘導なのか?

働きたい女性が働きやすい環境を作るなら
同時に
働きたくない男が専業主夫になりやすい環境に
して下さい
子育てのために男性が仕事を辞める風潮を
当然のこととして下さい
イクメンなどでごまかさずに!

そして女性も一生かけて住宅ローンを返し
旦那と子供を養う責任と覚悟を持って下さい

そもそも国は
労働者人口を増やすことが目的ですから
女性の立場向上なんてどうでもよくて
ようは
子供だろうが年寄りだろうが誰でもいいから
働いてくれ!ってこと


この記事のみを表示する学校は動物園

今より輝こうとする子供たちのために


8歳の次女が
毎朝学校へ行きたがりません

理由を聞くと
“学校は動物園”

一度入ると
終わるまで出られない
檻の中

私の頃はいつでも誰でも入れましたが
物騒な事件が起こるようになってからは
門の前に常に人がいて
時間がくれば門は閉ざされてしまいます
入れない出られない

中にいる娘からは
自分は檻の中に閉じ込められた動物
と感じているらしい

私は小2の頃
授業中男3人で廊下に立たされ
そのまま授業どころか学校を抜け出し
電車に無銭乗車してデパートまで行き
遊んで放課後に帰ってきて
担任の先生に
怪我しそうなくらい殴られ怒られ泣かれました
先生の心情を想像すると当然のことと思えます

釣り禁止の柵を乗り越えなくても
ザリガニ釣りやバス釣りは出来ましたし
そんな池もたくさんありました

家の前で
キャッチボールやサッカー・スケボーに鬼ごっこ
うるさい!なんて怒鳴られることもなく遊んでいました

オープン外構の家が増え車にあたるため
ボール遊びはできません
門を一歩出れば車が時速60kmで横切る
なんてことも当時はなかった

今の子供たちは
怒られて泣いて後で笑い話になるような
やんちゃなこともできない息苦しさの中
それが当たり前になり
外に居場所なんてないにも関わらず
家でゲームをしていても怒られて
今の子供たちが
恵まれているとは一切私は思っていません

親として
経験者として
娘に何を伝えるべきか
思案中です



この記事のみを表示する母に襁褓(むつき)をあてる時

これからの日本

母に襁褓をあてる時
襁褓とはおむつのこと
これは舛添氏が書いた本のタイトルです

今、私は
母のおむつを替えながら
息子におむつを替えられる母親の気持ち
を想像しています
感謝してもらえていると思っていますが
罪悪感と恥辱心に苛まれているのかも
しれません

そのそばでは
息子のおむつを替える嫁の姿
これが子育て介護

子育てと介護を同時にやってます
介護にくらべれば子育ての方が
よっぽど楽

理由はいろいろとありますが
未来ある者への世話と未来なき者への世話
小さい者と大きい者
明るい者と暗い者
可愛い者と醜い者
すべてが対象的な
プラスとマイナス
生物の光と影に思えます

やっぱり介護はたいへんです




この記事のみを表示するサザエさんってはげてるよな?

その他

8歳のうちの次女のお言葉
突然

「サザエさんってはげてるよな?」
聞き流そうかと思いましたが
映像をよく見ると

確かにハゲというより
イカツイ剃り込みが入っておりました
ただの分け目の幅ではない

子供は面白いところに気が付くもので

私は26年前多くの生徒が
国公立の大学へ行くような進学校で
ただ一人
高1から髪を伸ばし3年では
ベルトに達する長髪にモヒカン
ピアスを付けて詰襟の学ランを着て
タバコを吸いながら通ってました

男前に
本気で剃り込みを入れサザエさんの
あの通りの髪型をしてもらいたい
恐らくカッコいいと思います





この記事のみを表示する子供を自衛隊へ入れたい親はいますか?

これからの日本

軍のない国がどうなるか
平和を訴えることが最大の武器
そんな甘い論理が通る訳がない

憲法9条改正がすすめば
この国から自衛隊の成り手がいなくなる
日本を守ってくれる人が本当にいなくなります
そうなれば徴兵制をひくか外国人傭兵部隊を作るか
彼らに骨抜きにされた日本人が
それを許さないでしょう

日本の中からと外からの
あらゆる手段を使って
数十年かけて仕掛けられた
中国と韓国の日本乗っ取り計画が
花を開き始めている気がします

兵隊がいなくてもすべて無人兵器で
戦争に勝てる時代が来るのかもしれませんが
そうなれば軍もいらないのか・・・

良いのか悪いのか
問題なのは日本人の危機意識の無さ




この記事のみを表示する何があってもドン小西にだけは言われたくない!

これからの日本



裸の王様“ドン小西”

あの人を見てると
裸の王様を思い出す

町中の通行人の服の批評をしてる姿
どの口が言うとんねん!

例え世界が滅びようと
お前にだけは言われたくない!

気付いてないのは本人だけ
まさに裸の王様
これぞメディアが作り上げた“愚の骨頂”

加藤さんのやりにくそうな姿
いつも見ていて可哀そうになります



この記事のみを表示する日本はアメリカを超えてはならない

その他

大谷が中田より安い
理由は中田のプライドを傷付けないため
そんな報道もあったようですが
チームの4番なみの年俸とエースとしての年俸
その両方を貰ってもおかしくない

大谷の若さと純粋さをいいことに
メジャーをちらつかせれば
このぐらいで判をついてくれるだろうと

“そんな単純なことではないらしい”


やはり野球でも
日本はアメリカを超えてはならない

大谷は日本の宝だ
日本人の心情としては1日でも早く
メジャーへ行かしてやりたい
しかし来年(25歳未満で)
大谷がメジャーへ行けば
300億円の日本の宝をたった7億円で
たたき売りしなければならない
規程があるとのこと

そもそもこの規程の真意は
どこにあるのだろうか
アメリカ人の記録を抜かさせないため?
アメリカ人がいいものを安く買うため?
いずれにしても利益があるのはアメリカのみ

天才と凡人の差はやってる本人達が
一番理解しているはず
かつて中田もプロ入り前から
打球の飛距離においては
世界一を誇る逸材と称された男

日本シリーズで広島が
大谷を敬遠して中田で勝負したあの1打席で
中田の
男として
4番として
人間として
野球人として
のプライドをたたきつぶしたからこそ
広島は負けたのだと私は思っています

そこへまだ
球団が中田へ情けをかけるようなことをすれば
彼にとってこんな見っとも無い話はない
プライドにとどめを刺すことにならないか心配です

話がそれましたが
本当にあんなはした金で手放すのだろうか?



この記事のみを表示する“待機児童”ならぬ“待機老人”

これからの日本


特別養護老人ホームの待機老人
一施設で数百人待ち
今申し込んでも入れるのは
数ヶ月から1年先だそうです

今待っている待機老人の数はまだまだ序の口
これから本気で増える時代に突入します
団塊の世代が寝たきりになるまでに
“既に”制度が破綻し始めています

うちはまだ歩けていますが
後数ヶ月もすれば寝たきりになります
難病をかかえ要介護5認定のため
優先的に入れるであろうとのことですが
入れなければ必然的に自宅介護です

待機児童だけではなく待機老人
こちらも確実に喫緊に深刻になる問題です

特養に入れない=>自宅介護=>介助者が働けない
お金がない=>自宅介護=>介助者が働けない

ほとんどの方がこうなります
どうする?自民党
とりあえずすぐにできることは
責任をとってお宅らの給料を下げること

子育て介護”中のうちがもし
この上に保育所の入所待ちになっていたら
もう首吊るか一家心中するしかないでしょうね



この記事のみを表示する私の兄は色盲です

その他

女性のその確立の低さから男性だけと
言われてきましたが長年の研究・統計で
女性にも症状がでることがわかっているようです

私の兄は色盲です
色盲とは遺伝性の先天的色覚異常

昔は症状が男性にしかあらわれず
男子が生まれ症状が出なければ遺伝しなかったと判断
女子が生まれた場合遺伝して因子を持っていたとしても
症状が出ないため次代以降に男子が生まれてそこで初めて
遺伝したかどうかがわかると教えられました

色盲・色弱は例えば赤が緑に見えたり
その人には皆が認識している色とは
別の色に見えています

兄が小さい頃は教員の認識不足により
教員が他の生徒へ明かすことがあり
回りが赤色を指差し
「おまえこの色何色に見えんねん?」
「緑?アホちゃうか!」など
エゲツナイいじめにあっていました

たまに普通の人が選ばないような色の服を
好んで着ていたりする人はその可能性が
あります
ちなみに兄は
上から下まで真っ赤なジャージを
好んで着ていたことがありました

もしかすると林家○ーさんは
そうなのか?(勝手な憶測です)

こんな方が信号を見ると
青・黄・青に見えているのかもしれません
それこそ都心の電車路線図なんて絶対に
判別できません

そんな兄が今は大手の本社で
デザインの仕事をしています
色覚異常の方向けの色遣いも
提唱しながら

色盲を理由にデザインの道を
諦めようとしている方は
諦めずそれを逆手に取ってください
あなたにしかできない強みです

特に日本男性は20人に1人いるとされ
かなりの方がそうだということを
みなさんご存知でしょうか




※それに加え兄は左利きです
左利き用の歯科医の器具がなかったため
兄は歯科医の選択肢を捨てました

この記事のみを表示する国はいつ言うのか?「てめえらに払う年金はねえ!」

これからの日本


みなさーん!覚悟はできてますか?

何の?
もちろん
“死ぬまで働く”覚悟
です

私ら年金なんて貰える訳がないですからね!


敗戦間近の日本のように
「日本が戦争に負ける訳がない」と
信じ込まされているそこのあなた!

まだこれから経済は発展し
所得があがり年金も維持できるなんて
カルト教団のような世迷言を
国は言っているようですが

今、
年金暮らしの穀つぶしに暇つぶしを
させてる暇はありません
働ける者は働かせて
稼げる者には年金を払わない
ようにしなければ

近い未来国は
親指を鼻にあてて

「てめえらに払う年金はねえ!」





最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するメディアの誘導も失敗に終わった?

これからの日本

メディアの誘導が失敗に終わったのか
それともまだ
大きなアメリカのシナリオの中で
想定通りに動いているのか

最後の最後まで
いや
終わってからも
メディアはとことん多数派のはずの
トランプ氏を酷評し続けた
日本でも

流される街頭インタビューは
ことごとくトランプ批判
ヒラリーびいき

公平性なんて全くない中で
アメリカ人は日本人と違って冷静に
テレビや新聞の言うことを真に受けず
幅広く正確な情報を拾い判断した結果

真っ黒な政治の世界にどっぷり浸かり
骨の髄まで汚れがしみ込んだ人間を
信用していないのは確かだ

光と影
建前と本音

韓国といいフィリピンといい
アメリカも含め人類が破滅に向けて
おもしろいように操作されているように
私には見える

個人的には
あのような本音を言う強い指導者が
代表に立ったことを羨ましく思う



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するヒラリー氏が大統領になれば人の生死を自由に操る死神のように

これからの日本

ヒラリー氏が大統領になれば
死神のように
人の生き死にを自由に操り
平気であんなことができる
政治になるそうです

トランプ氏とヒラリー氏
目くそと鼻くそ

鼻くそより
まだ
目くその方がまし
ということで
支持率が逆転し始めています

どっちに転んでも
日本にとっていいことは
何もない
それでもやっぱり
毒舌金持ちスケベおやじの
目くその方が害は少ない

鼻くそは
思い通りにならなければ
平気で暗殺するような女帝?




最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する見てみたい!キレっキレのダンスを踊る80歳の郷ひろみ

その他

あの人もう61歳

TVCMで
日本人は反省してるからもう許したって!
それよりパチンコパチンコ!
日本人をパチンコ漬けに!
みたいなことを
マイク持って堂々と叫んでいましたが
いったい何様のつもりだろうか?

いかにもそっち系の人としか思えない

ま、それはそれとして
個人的には
80歳になっても
唇の回りにシワをよせて
キレっキレのダンスを踊る彼の姿

んー見てみたい!





最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南シナ海を中国に2兆5千億円で売り飛ばす

これからの日本

日本は湾岸戦争終結の際
アメリカや多国籍軍に
人を出せないなら
金を出せと言われ
135億ドルを渡しました

そこからアメリカの終戦パレードの紙吹雪に
70億円が使われたなんて話もありました

フィリピンは中国に
南シナ海を
2兆5千億円で売り飛ばすのか?
大統領の懐にも・・・

これからの時代は
戦争をせずとも
領土は金で売買できるということか

もう
血を流さずに取り戻すことは
不可能でしょう

どうせ奪われるなら
もらえる物はもらっておく
ある意味賢明なのかもしれない

日本もロシアから北方領土を
金で取り返すことになる

似たようなものか・・・



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するやはり東北へは一生行きません

今より輝こうとする子供たちのために


東北・関東で急性白血病患者が前年の7倍
福島・茨木・栃木・東京の順に
ものすごい数ですね

デマという話もありますが
何がデマ?

順位?
その数字?
もしかしてもっと酷い?

本当ではないにしても
何が本当かもわからない
真実が明らかにされるのは数十年先

以前わたくし
と言いましたが
今はもう手遅れかもしれませんね


因果関係を調査中
立証できた頃には
どのくらいの被害になっているのだろうか

やはりこの国はロシアより信用できない



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する今日は絶好のPM2.5びより

今より輝こうとする子供たちのために


今日は絶好のPM2.5びより

空気がまずく
目にしみるようなまっ白い空

みんなで大きく吸って
肺で空気を浄化しましょう


中国人のせいで・・・

こんな時うちの子供たちには
外へ出ないように言い聞かせています

家の中では空気清浄機を2台
この10年止めたことがありません




最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する子供だましでは子供すらだませない

その他

プロジェクションマッピングや
自分で描いた絵を
データとして取り込んで
その場で動かしたり

今はやりの
そんな企業が持てはやされて
その恩恵にあやかろうと
一緒に仕事をすることになりましたが

私は既に飽きました
子供たちもそうです
その程度ではすぐに
見向きもしなくなりました

一過性のはやりで終わらなければいいのですが
永く関わることになりそうです

楽して儲けようと思ったらだめですよ

やはり
子供だましでは子供すらだませない
ということでしょう


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するauからマイネオへ乗り換えました

その他

うちは家族で4台の携帯を維持しておりまして
月の支払いが約25000円

国が携帯料金を下げるよう
要請をしているにも関わらず
大手3社は一向に下げる気配がない

だからもう見限りました

auの端末でも使い回しができる
数少ない会社の一つがマイネオ

10月1日にSIMカードを挿し替えれば
1)auの当月料金発生は2日からのため
10月のau料金が発生しない
2)1台は10月1日からの切り替えで
auの違約金が発生しなくなる
3)マイネオの9月の料金が発生しない

そのため申し込みだけあらかじめ済ませ
10月1日マイネオ営業時間9時に
4台一斉に切り替えをしました

3台の中途解約違約金(10260円×3)と
端末代の残りの未払い分(約70000円)と
MNPの手数料等すべて払っても
その損失は6か月もあれば回収できます

新しい契約の4台分で
月約6400円
auの1台分で4台分がまかなえるようになりました
もっと早く変えておけば良かったと後悔するほど
大手3社はユーザーをなめてますね

auの店舗での待ち時間
90分なんて時もありました
テーマパークか!
選択肢なんて松竹梅・上中下・大中小の
3種類ぐらいでいいねん!
後は機種選ぶだけですぐに終わるやん
あんなアホなこといつまでやるんやろ・・・

この記事のみを表示する89歳の無職男が小学生を暴行・・・

今より輝こうとする子供たちのために


ただボールで遊んでいる子供の声すら
許容できない今の世の中

うちの周りも静かです
隣人が生きているのか
死んでいるのかさえわかりません

普段から声もしなければ
姿を見ることもほとんどありません
うちが騒いでいたら“うるさい”と
裏の家から怒鳴られました

隣の子供が親に殺され床下に埋められていても
恐らく気付くことはないでしょう

89歳の無職のじいさん病院へ通わず
年金ももらってなければいいのですが
こんな人が今も日々積み上げている
年金や医療費と言う名の“借金”を返すのは
こやつが暴行したとされる小学生です

こんな人が作った借金を返す
子供たちと
私たちのため
そしてこの国の未来のために
頼むから1日でも早く死んでくれ

年寄りが作る借金を返すのは
子供たちであり私たちです
いいかげん本当にその自覚を持って下さい
国は年寄りにその自覚を持たせて下さい

そんなこともわからずに
のんきに死んでいく年寄りを見ると
どうしても許せません

自分が作った借金を
目の前で遊ぶ子供たちが
人生をかけて死ぬまで返してくれる
年寄りにその自覚“だけでも”あれば
子供の騒ぐ声ぐらい許せるはず


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する日本の政党の代表が中国人(台湾人)!

これからの日本

全く笑えない一大事にも関わらず
本人の言動もですが何より
“メディアの扱い”が
“あまりにも不自然”です

テレビでこのニュースを目にすることが
ほとんどありませんでした
国の危機管理もくそも何もない
みんな本当に日本国籍あるんでしょうね?

これほどまで問題にできないのは
明らかに不自然な力が働いている
としか思えない

もし
日本と中国(台湾)が戦争になれば
あの人は誰を攻撃するのでしょうか?
台湾に残した親戚ですか?それとも
日本の国会で銃の乱射でもするのでしょうか?

まさに中国人(華僑)が目論む

ただ今回力を発動しているのは
日本国内側の力?だとすると
既に日本は日本人の国ではなく
乗っ取られていることを意味します

物凄く恐ろしい未来を
暗示しているように感じます
メディアも操れ
あの人(中国人)が不利にならないように
言論統制も出来ている・・・


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する社会主義の名残りあるロシア

今より輝こうとする子供たちのために

サハリンへは行けませんでしたが
旅行計画にあたり
ロシアをいろいろと知る
良い契機になりました

経済制裁が今も続くロシア
私が受けた印象は
はっきり言って貧乏国
歴史的ルーブル安と
歴史的物価上昇が続き

名産と言えば
マトリョーシカと
チェブラーシカくらい
原油に頼り原油価格に振り回される経済

ただ、それでも日本と違い
安定した生活を送れるのは
ソ連時代の政策でロシア人は
大半の人がダーチャという
菜園付き別荘を維持し
自給自足ができているということ

これは国の危機管理上明らかな強み
何が起きても取り敢えず皆が生きる
ための当面の食料だけはある

今日本が
一番見習わなければならないところ
田畑は国を維持する宝です
これ以上家も商店も必要のないこの国で
未だに次々田畑が失われています

国を変えるにはまず自分から


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その9)

その他


それでは最後に予算です

●高速料金
 八尾<=>新潟亀田 599.km
  往路(深夜割引)8900円  復路(通常料金)12710円

●国内フェリー(往復購入の場合片道10%割引)
 新潟=小樽・苫小牧(らいらっく/ゆうかり)18時間
 部屋タイプ ツーリストB
 大人8130円 運転手1650円 小学生4070円 幼児無料 車21,500円(5m未満)
 8130×2(大人)+1650(運転手)+4070(小学生)+21500(車)=43480円(復路は×0.9)
 43480+39140=82620円(往復)

●国際フェリー(高速艇)
 稚内<=>コルサコフ港間
 36000円×3=108000円(中学生以上)
 18000円×1=18000円(小学生)
 幼児無料
 108000+18000=126000円(往復)

●宿ファーストサハリンホステル
 17096円(5人3泊分)

●VOUCHER&CONFIRMATION(ビザ添付書類)発行費用
 1人10.29ユーロ(約1200円)×5人=6000円

最低必要金額(5人分)
  8900+12710+82620+126000+17096+6000=“253326円”
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここに含まれないもの
○食費 歴史的ルーブル安ですが物価は高い
○ガソリン代
○キャンプ場代 1家1泊1500円程度
○現地バス代 1人1回15ルーブル? 50円
○現地レンタカー代 1日3000ルーブル 5000円程度
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考
9月の2泊3日成田<=>サハリン格安ツアー1人138000円×5=690000円
(幼児4歳以上ほぼ満額必要)そこに 大阪<=>成田間交通費を足すと
家族5人で最低約80万
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分で手配して船で行けばこんなに安くなる
今回行けませんでしたがいい勉強になりました

余談ですが
プーチン氏と安倍さんの関係性の中で
今年にも北方領土2島返還が実現するであろう
というのがおおよその見方です
面積2等分・4島返還までの道のりはまだまだ遠い
もし択捉島が戻ってきたら
真っ先に移住したいと思っています
本当に手つかずの自然がそこにはあります

この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その8)

その他


ターミナルはめちゃくちゃきれいでした
どれだけ使われてないねん!というくらい
DSC_7754.jpg 

これが出国ゲート
旅行会社の日本人と数名のロシア人だけでした
DSC_7755.jpg 

乗るはずだった船(定員80名)
昨年までは大きなフェリーだったので
少々の荒天でも欠航にはならなかったそうです
DSC_7756.jpg 

本来ならあの中に・・・
船を見送っていざ北海道観光そして帰路へ
DSC_7759.jpg 

その後の北海道
川という川がすべてこんな感じでした
DSC_7776.jpg 

2日前倒しでフェリーに乗りましたが
予定通りいれば南富良野あたりで洪水の際に
キャンプ(水没)していたかもしれません



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その7)

その他


もし行くのであれば
30日成田着の飛行機か
31日千歳着の飛行機か
9月1日稚内着の船で
帰ってくることになる
その飛行機の予約を今なら取れます
1時間以内で考えて返事をくださいとのこと
飛行機なら稚内に置いた車を取りに来なければならない
船はビザが切れ現地で延長の手配が必要になる
当然これ以上休みは取れないし
料金もかなりの上乗せになる

台風9号を追いかけて新潟から小樽へ来て
台風10号に追いかけられて稚内まで来ましたが
結局サハリン行きを❝断念❞

そこからは
・船をキャンセル
・宿をキャンセル
・レンタカーをキャンセル
・フェリーの日程変更
幸いすべてキャンセル料なしでいけました
まあ損得なしのただの北海旅行に

本州行きも欠航になる可能性も出てきて
北海道を予定より2日前倒しで撤退
台風10号に向って新潟へ

そして子供たちのリクエストで東京で1泊
東京ディズニーシーへ行きました

もし飛行機を予約していたら
その飛行機も欠航になって帰れなくてえらいことに・・・


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その6)

その他


8:00受付
9:00出港

発券代理店より
受付30分前には着くようにとのこと
余裕を持って予定通り8月26日7:00
稚内港国際旅客フェリーターミナル
に到着

まだ誰もいません
7時半くらいから関係者の出入りがあり
そんな中で立てたれた看板がこれ
DSC_7757.jpg 

航路責任者より
現在
29日の復路便を出すか出さないかを現地と検討中
8時には結論が出るからそれまでお待ちください

皆さんもご存じの台風10号が
こちらへ向けて動き出したところです

プーチン高気圧と安倍台風が
上空で戦っていて安倍台風の勢力が
上回ったなんてことを冗談交じりで
航路責任者の方が話しておりました

往路(26日)は予定通り出港できますが
復路(29日)便が往路出港前の午前8時には欠航確定

あらかじめ乗船券購入の際に
海が荒れると欠航する可能性があるということは
聞かされていましたので想定済みでしたが
実際に確定した時の家族全員の隠しきれないショック


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その5)

その他


現地銀行での換金は
ドル=>ルーブルは可能
円=>ルーブルは不可能

また日本でのルーブル換金率が悪すぎる上
できる場所が限られているため
現地でカードを使うか手間をかけても
円=>ドル=>ルーブル
の順に換金した方がはるかにお得です

ドルを多目に(1000ドル)と
最低限のルーブル(13000ルーブル)を
用意しました
円をルーブルにその場で換金できるのは
空港か北洋銀行稚内支店ぐらいです
13000ルーブルで19500円程度の価値ですが
換金には手数料等含め28600円ほどになりました

手持ちの現金は夕朝の食費・バス代と
銀行が見つからなかった時を考慮した金額

あとは現地通貨でおろせるVISAデビッドカードと
VISAとAMERICAN EXPRESSのクレジットカード

スキミングの危険性やお釣りをごまかす等
常に警戒が必要な国であることは間違いないようです



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その4)

その他


すべての手配が完了し
情報収集から持ち物
準備万端下記スケジュールにて出発

●スケジュール
23日 新潟港10:30
 船内泊
24日 =>小樽港4:30
 北海道内キャンプ場泊(当日決定)
25日
 北海道内キャンプ場泊(当日決定)
26日 稚内港9:00=>大泊(コルサコフ)港
 豊原(ユジノサハリンスク)泊
27日
 豊原(ユジノサハリンスク)泊
28日
 豊原(ユジノサハリンスク)泊
29日大泊(コルサコフ)港11:00=>稚内港
 北海道内キャンプ場泊(当日決定)
30日 東苫小牧港19:30
 船内泊
31日=>新潟港15:30

情報もこれでもか!というほど調べつくして
実際に行ったことある人より
地理や近況に詳しいと思えるくらい
ぬかりない準備をして行きました

なんせ英語が通じませんから・・・
ロシア語では数字すらわかりません

A4用紙1枚に0~9まで数字を並べてパウチまでして
金額の伝達・交渉に使えるようそんな物まで用意しました
会話はすべてスマホの翻訳アプリ

当然飛行機にすれば現地の3泊のみにできますが
フェリーのほうが家族5人で25万円くらい安くなり
仕事が特殊でまとまった時間が取れましたので
こんな行程になりました
北海道観光を無くせば24日・30日の2泊は減らせます


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その3)

その他


●国外運転免許証申請
昔は国際運転免許って言ってたと思いますが
嫁と2人分を申請しました(1人2400円)
ロシアは一応ジュネーブ条約加盟国で
国外運転免許が通用することになってはいますが
現実はこれを持っていてもトラブルが多いようです
必要書類は
・免許証
・パスポート
・写真
パスポートがピザ申請のため手元にないため
ビザがおりた日その足で申請に行きました
(手続き所要時間30分程度)


●稚内サハリン航路申し込み
  株式会社ノマド
申し込みにはビザの有効期間と番号を
記入する必要があります
すでにキャンセル料が発生する時期に
さしかかっていましたので台風の動向を
見ながらぎりぎりに申し込みをしました


●国内フェリー申し込み
  新日本海フェリー
・往復割引適用
・広間はドライバー割引がないため
部屋のランクを落としても
下がった部屋代と割引が無くなって増えた分で
相殺されほとんど差がなくなるため
2段ベッドの部屋にしました
まだこれも節約の余地はあります



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その2)

その他


ビザ申請と同時進行で

●現地宿予約
  Booking.com
1泊1人1000円程度のユースホステル
5人家族3泊分 11250ルーブル(約18000円)
バウチャー発行に宿泊先情報が要りますが
予約の有無は関係ないようです
ただし、不審なところがあれば
本当に捕まえる国ですのでビザ申請の前に
宿を先に押さえた方が賢明でしょう

余談ですが以前、アメリカ入国時ビザに誤りがあり
(入国日と出国日が同じという明らかな間違い)
ごっつい黒人さんにしょんべんちびりそうになりながら
連れて行かれましたが優しく手配してくれました
ロシアは本当にどうなるかわかりません・・・


●レンタカー予約
  Rentalcars.com
  http://www.rentalcars.com/
正直言ってこのサイトは使い物になりませんでした
(おそらくサハリンのような田舎町だからだとは思いますが)
サイトを見る度に予約の空きがあり
申し込む度に埋まりましたの回答が2~3日後に来る
これを5~6回繰り返し頭にきて
クレームメールを送りました

結局
GoogleMapの地図上で宿から歩ける範囲の
レンタカー屋を見つけサイトを検索し
GoogleTranslateで翻訳しながら
直接申し込みをしました
これは本当に我ながら神技的なことをやりました
歩いて店へ行く時に道を間違わないように
ストリートビューで景色を頭にたたきこみました
なんせ英語が通じませんから

つづく


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する南樺太(サハリン)旅行 玉砕!(その1)

その他


約1か月をかけてサハリン旅行を計画しました
まずは

●ビザ申請
 ○必要書類(4点)
  1、パスポート
  2、ON-LINE VISA APPLICATION FORM(写真付き)
  3、VOUCHER
  4、CONFIRMATION(3、4、両方で1人10.29 €)

 ○申請費用(旅行会社へ依頼した場合1人分7500円~10000円)
  家族5人分で約6000円

 ○提出先
  在大阪ロシア連邦総領事館
  (窓口は4畳半ぐらいの狭いところ)
 
 ○無料発行に要する期間
  2週間
   8月4日にビザ申請
   8月18日ビザ取得

この時点で30000円程度節約


2、ON-LINE VISA APPLICATION FORM(写真付き)2ページ
application_o.jpg application_u.jpg
ロシアビザ電子申請フォーム


右半分 3、VOUCHER(全英語)
左半分 4、CONFIRMATION(全ロシア語)
voucher.jpg 
VOUCHER発行旅行会社


ちなみにこの4番のCONFIRMATION(旅行確認書)が
全くどれのことかわからず苦労しました
まさか1枚にバウチャーと旅行確認書の
両方があるなんて思いもしなかった


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する今は戦前です!もうすでに戦後ではない

これからの日本

中国は戦争をしたくて仕方がない
嘘をつこうが何をしようが
如何なる手段を使ってでも
中国は今後も
尖閣を手に入れようとするでしょう
その次は琉球王国沖縄

すでに北方領土・樺太・竹島が
戦わずして奪われています
血を流さずに領土を奪える国なんて
他にはない
取らなきゃ損損早い者勝ち

日本が今決断をしなければ
ロシアが北海道を狙ってきます
次は韓国が対馬を・・・

この国を守れるのは自衛隊だけ
自衛隊が壊滅すれば
日本を守れる者はいなくなります

アメリカの51番目の州になるか
アメリカが放棄すれば
ロシア・中国・朝鮮に分断される
しかない

男は殺され女は犯されます

先人が命をかけて守ってきた国土を
簡単に空け渡しこれで良い訳がない



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するクスッと笑ってあげてください

おもしろ写真


この看板小さい時からあったはずですが
あまりにも自然すぎて“一昨日”気付きました
DSC_7691.jpg 
もし本当に市が作ったのであれば
大丈夫か?八尾市


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するとうとう母が要介護5になりました

これからの日本

要介護5最終基準です
「介護なしには日常生活を営むことが
ほぼ不可能な状態」
死への秒読みが始まったと言えるでしょう

この夏を超えられるか?
今年を超えられるか?
来年の桜を見られるか?

日々そんなことを考えながら接しています
お金のある人は金任せで施設に預けるのでしょう
ない人は必然的に自宅介護になります

私のように兄弟がいて
通える範囲に住んでいて
交替で面倒が見れるのは
非常に恵まれています

と言うより高齢出産でしたので他の人より
この時が早く来ることが分かっていて
介護のために実家の遠くに居を構えることが
できなかっただけ

何も考えずに
好きな所へ行ければ良かったのですが
住む場所や職場・業種等それを考慮して
これまでの人生の選択をしてきました

私の介護はこれで終わりますが
15年先20年先には妻の両親
そして多くの方がこの大変さを
身を持って知ることになるでしょう

そして
自分の生活もままならない人の親や
家族が介護を放棄した人の
経済的な面倒まで
私たちが税金というかたちで
支援しなければならない
そんな時代がやってきます
冗談じゃない勘弁してほしい


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するパスポートを持って国内旅行へ行ってきます

これからの日本

8月4日に大阪のロシア領事館へ
ビザの申請をいたしました
受取は18日きっちり2週間後

樺太(サハリン)へ行ってきます
ここは国際法上ロシア領土ではありません
それでもパスポートが要ります
ロシアのビザが要ります

稚内からフェリーで大泊(コルサコフ)港へ

とにかく情報がなさすぎて
苦労しておりますが
台風が来なければ
爆弾低気圧で海が荒れなければ
8月の下旬
かつて日本の領土であった樺太へ
パスポートとビザを持って
海を渡ってきます

詳細はまたあらためてご報告いたします


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する相模原19人刺殺について

今より輝こうとする子供たちのために

弱者救済
地球上でこれをやっているのは
人類だけではないのだろうか

以前
烏骨鶏の卵を20個ほど温めたことがあります
7割は孵化しました
2割は成長していたにも関わらず
殻から出る前に亡くなっていました
1割は成長していませんでした

7割の生まれた中にも1羽だけ
片方の膝が曲がらない雛がいました
ある程度までは成長しましたが
餌の奪い合いや
他者との関わりの中で成長が遅れ
結局早くに亡くなりました

私も驚きましたが
現在出生前診断で異常が分かった人の
96%が中絶
ほとんどの人が正常な子供が欲しいと
願っている

悲しいかな
これが現実であり本音なのでしょう

私たち人類は
自然界であれば本来亡くなるはずの命を
みんなで支え続けています

税金・年金・介護保険・健康保険など
重税により
健常者が死に物狂いで働いて
社会的弱者を支え
“いつ私もそちら側(弱者)に転ぶかわかりません”

40年後
もし私が働けずに施設に入っていれば
あのような輩でもいい
家族のため
今より輝こうとする子供たちのために
殺してほしい


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するガイアの思想

今より輝こうとする子供たちのために

私が生まれる昭和40年代
発表された理論
これを知ったのも読んだのも大学時代
発表から20年ほど経ってからのことです

簡単に言いますと
「地球は一つの生物である」
人類も含めた生物ひとつひとつが
地球を形作る細胞のようなもの

これを読んで私は
大学の1授業の中で受講生の前で
「人類は地球のガンである」
という題名で書いた論文を
読み上げました

私ひとつが
地球にとってガン細胞のひとつであり
そして地球は末期のガンである

当時(1995年頃)地球上の人口は60億人
人類は1年に1億人のペースで増えると
言われていました
40年後には100億人

お偉い方々はわかっています
食糧危機が来ることを

今から対策を取る余裕のない
アリとカメ”から飢え死に
していくことになります

幸い現実は
当初の人口増加ペース予想を
下まわっているようです

地球はこの増えすぎたガン細胞を
地震・津波・台風・竜巻・噴火・温暖化・干ばつ
あらゆる手段を使って排除しにかかっています

みんな少しでも良性腫瘍であろうと
努力をしているのは認めますが
やはり人類は悪性腫瘍です

私が地球にとってガン細胞であるならば
排除されるべき存在でありその罰を
甘んじて受ける覚悟はできています



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するベイビベイビベーイビベイビベイビベイビベイベー!きしょ!!

その他

歌にベイベーなんて言葉を
恥ずかしげもなく使える世代

私より少し上の昭和40年前後生まれ?

聞いてて恥ずかしい・・・いやちがうなー
もっと別次元でセンスが狂ってる

1回でも恥ずかしいのに
連呼することで聞く人を麻痺させたのか

私らの代ですでに敬遠された言葉ですが
若い子らにはどう聞こえるのでしょ・・・

他に
ビーマイベイベーとか
ライブのMCで
オーケーベイベーとか
あの世代の方々は平気で使ってましたね

そのセンスで売れる時代
よろしおますなー・・・



最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示するきゃ!恥ずかし

その他

ウィンカーを恥ずかしそうにチラっと
1回だけ点灯させて早々に消す人を見ると

何を恥ずかしがっとんねん
堂々と出せっちゅうねん
気色悪い!

わがの意思表示や
誰のためにやっとんねん
瞬きしたら見えへんやろが
はっきりせー!はっきり!
別に悪いことしてる訳ちゃうねんから

あーいうのを見ると
わたくし車線を変更する3時間前から
もしくは
交差点を曲がる“200km”手前から
ウインカーを出しといてやろうかと
思ってしまいます


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ



この記事のみを表示する老気の至り

ちかごろの年寄り

新しい言葉が必要ですか?
「若気の至り」ではなく「老気の至り」

最近年寄りの喧嘩やストーカー等の犯罪が
若者より増えているということで
自分の感情が制御できない
子供っぽい年寄りがいっぱいです
おもしろいですね

本来年を取れば取るほど
若者に対して人生のお手本となるべく
やってはいけないことが増えるはず
なのですが最近は逆です

年を取れば取るほど何でもあり

釣りでもスーパーでも観光地でも
何処へ行っても中国人なみに
説教したくなるあざとい年寄りが
いっぱい
ご先祖さんに戻ってきてもらって
説教してもらいたいくらい

団塊の世代はまだまだこれから
母の車椅子を押しながら
十五年後ぐらいには
そこらじゅう車椅子に乗った
あざとい年寄りだらけの時代が
くると考えています

恐ろしや恐ろしや・・・


最新記事はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 派手なサラリーマンへ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ オシキャットへ
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ